教会

a0007445_35319.jpg
キリスト教圏の町は大体その中心に教会と広場がありますね。フェンヒロラも同じです。
こ写真は午後7:40ころ撮ったものですが(時計が見えると思います)、まだこんなに明るいんです。ただし、朝明るくなるのは7時過ぎなので日照時間そのものは別段長いことはないようです。
[PR]
# by yoshino_n | 2004-04-30 03:54

フェンヒロラ

a0007445_2323.jpg
今住んでいる町を紹介します。スペイン語の綴りは’Fuengirola' ですので、フエンヒローラと書いたりしましたが、駅名のアナウンスを聞いているとタイトルの通りフェンヒロラと聞こえます。このうち’ロ’が強く発音されるので、フェンヒ・ロラと表記するとより現地の発音に近いかもしれません。
小さな地図を写真に撮ったものを添付したので、良く見えるかどうか分かりませんが、
MalagaとMarbellaの中間あたりにフェンヒロラはあります。マラガから出ている近距離鉄道(単線)の終点です。マラガを中心に南に面した海岸一帯がコスタデルソル(太陽海岸)と呼ばれています。ヨーロッパ、特に北ヨーロッパ各国の人たちのコスタデルソルに対するイメージは、日本人にとってのハワイにあたるようです。
これからしばらく、この町を写真で紹介する予定です。
[PR]
# by yoshino_n | 2004-04-26 02:04

今住んでいる部屋

フェンヒロラの海岸から歩いて5分ほどのアパートメントホテル(カンバンにそう書いてあります)に住んでいます。

日本流に言うと1DKというのでしょうか。寝室と居間と台所・洗面所で70平方mくらい。これに、7~8人で食事が出来るくらいのバルコニーがついています。
内装は簡単で、台所用品は必要最小限のおのしかありませんが、、まあ我慢できる程度。熱源が電気だけなので、お湯がなかなか沸騰しません。
a0007445_1419.jpg

[PR]
# by yoshino_n | 2004-04-26 01:42

バルコニーからの眺め

a0007445_12821.jpg
部屋は7階(当地の表現では6階)にあります。
バルコニーからほんのわずか地中海がみえます。ビルの屋上の洗濯物も見えますが。
[PR]
# by yoshino_n | 2004-04-26 01:29

海岸と山

a0007445_1246.jpg
フェンヒロラの海岸から見た隣町の風景です。隣町といっても砂浜はずっと続いています。丘といっても良いくらいの低い山ですが、なかなか雄大な眺めです。
[PR]
# by yoshino_n | 2004-04-26 01:25

フェンヒロラの浜辺

a0007445_11812.jpg
まだ水が冷たいので、泳いでいるのは子供くらいですが、浜辺は結構込んできました。
[PR]
# by yoshino_n | 2004-04-26 01:19

橋の上からの景色

a0007445_184259.jpg
橋の上からははこんな景色です。
[PR]
# by yoshino_n | 2004-04-21 18:44

ロンダの橋

a0007445_183738.jpg
旧市街と新市街を結ぶ橋です。深い渓谷に架かっています。
[PR]
# by yoshino_n | 2004-04-21 18:38

ロンダの桜

a0007445_182748.jpg
アンダルシア地方にはセビリヤ・グラナダといった大きく著名な観光地がありますが、ロンダは小規模ながら結構有名な観光地です。
そのロンダに家内と二人、日帰りバスツアーに参加して行きました。ツアー客はフランス・イギリス他英語圏含む・イタリア・ドイツ・日本(人数が多かった順)の混成でしたが、ガイドの説明はフランス語と英語です。ここで大失敗をしたのですがその話は後日ということで。
ロンダでは所々に、日本語の説明書きがあったので日本人観光客も相当多いようで、この日二組の団体と会いました。その人たちは混成ではなく純正日本人団体です。
ロンダはお勧めの観光地です。この町の歴史を下調べして行けばもっと深く色々なことを感じられるかも知れません。
ロンダの桜が満開で一寸感動しました。ミキ・ハルトさん(漢字不明)という方が最近寄贈されたようです。素晴らしい民間外交ですね。もっとも、現地の人は桜に特に興味はなさそうでしたが。
[PR]
# by yoshino_n | 2004-04-21 18:28

Tangerの続きと富士見坂

a0007445_195641.jpg
写真は富士見坂の街灯(富士山の飾りがみえます)

前回書いたものが我ながら舌足らずだったので、ここで少し書き足してみます。
一時代前の典型的な観光旅行を私は好きではありませんが、必然的にこうなってしまう要素が二つ考えられます。
ひとつは、観光客と観光地にこれだけの経済格差、あるいは為替差があると、いくつかのフィルター(モロッコ小売店・モロッコ観光会社・スペイン観光会社)を通す余地が出来てしまう。
もうひとつは、短時間でエッセンスだけを求めれば「バスで乗り付けて食事と買い物をしてまたバスで帰る」という方法が一番効率的。
ということで、これはこれで良しとすべきでしょう。
カスバの幼稚園(あるいは小学校の低学年なのかも)から漏れてきた子供の歌声は、近くの谷中幼稚園を通り過ぎたときに聞いたものと変わりませんでした。一見全く異質に感じられるカスバ居住者にも、自分たちと同じような日常生活があるはずで、臭い・汚いだけで終わらせては申し訳ないと思っています。アルハンブラ宮殿を造ったような高い文明を持つ人たちです。
台湾でも現地の人と色々と話をして(40年前は日本語がよく通じた)非常に面白かった思い出があります。
[PR]
# by yoshino_n | 2004-04-19 19:57